食品に付けられている賞味期限。この賞味期限とは一体どういうものなのでしょうか。



商品の美味しさの保証期限であって、この期限を過ぎてもすぐに食べられないということではありません。食品衛生法やJAS法で定められている所の「 その食品を開封せず正しく保存した場合に味と品質が充分に保てると製造業者が認める期間(期限) 」です。
製造した企業は設定した賞味期限の1.3〜1.5(大体1.5倍)の設定で製造しているので、1年の賞味期限が付いている商品でも期限後半年は問題ないということになります。しかし特に日本人はこの「期限」に敏感で、かなりの猶予があるものまで廃棄対象にしています。


加工食品には”3分の1ルール”と呼ばれるルールがあるのをご存知でしょうか。



製造日から賞味期限までが仮に6ヶ月だとすると、メーカーや卸流通業者は6ヶ月の1/3、つまり製造日から2ヶ月以内に小売店に納品するというシステムです。逆に言えば、製造日から賞味期限まで1/3を超えるとその時点で納品出来ません。また小売店も販売期限は、賞味期限の3分の2の時点までを限度とします。このルールからいくと、賞味期限1年の物は製造8カ月の時点で販売できなくなり、廃棄の道をたどることになるのです。

ペット業界などは海外製造フードがメインなので、日本に入って来た時点で製造数カ月を経ている物が多く、自ずと販売期間が短くなります。円安で高騰している価格にロス分を載せざるを得ず、フード類の高騰には拍車がかかるばかり。ペット用は人間の食用に比べルールは緩めに設定されていますが、それでも消費期限2カ月前になると店頭に出せない状況であることに変わりはありません。充分安全に食べられる8か月分の期間があるにも関わらず廃棄にされるわけです。


私たちはこんなバカげたルールで問題なく食べれられるものを廃棄していく風潮を是正すべきだと思っています。賞味期限間近でも、過ぎていても、十分に食するに値する物は廃棄でなく消費すべきとの信念からこんな試みを始めました。


◆賞味期限間近もの
◆規格サイズから外れてはねられたりしたアウトレットもの
◆ちょっとしたピンホールを修復した破袋
◆外箱の崩れ・袋の汚れ・缶の凹み

なんの問題があって廃棄にされてしまうんだろうという商品を廉価にご提供する「MOGUMOGU DINGO」です。

購入単位は箱単位。 例えば1箱に10個入って10800円(税込)で送料1080円(税込)、10キロ1箱で送料込10800円(税込)など単位はその時々で変わりますが、大量買いが前提です
大型犬・超大型犬・多頭飼いのお客様にはとても嬉しい内容のオンパレードになると思います。
但し、高品質商品のアウトレットなので、破格の値段であっても百円・千円単位にはなりません。

大々的にネットでは販売できないものばかりですし、業者間の足の引っ張り合いを招きたくないので、サイトにはアップ致しません。配信希望の方はメールにてご登録をお願いします。
メールアドレス dingo-@beige.plala.or.jp

タイトルは「MOGUMOGU DINGO配信希望」。以下の内容をコピペの上、記入して送信してください。

◆お名前
◆郵便番号・ご住所
◆ご連絡先(電話番号)
◆備考

その都度情報を発信させていただきます。
最初のご登録より半年を経過して購入履歴が確認できなかった場合には順次登録削除となりますのでご了承ください。